ウォーターサーバーを使ってみたいという人も多いでしょう。そんな時には気になるのは、かかる費用でしょう。実際にどのくらいかかるのか、またお金を払っても元がとれるのかやノルマがあることが気になったりしてきませんか。
やはりウォーターサーバーを使うときには、元となるお金がないといけないのでしょうか。
やはり節約を考えると、なかなかウォーターサーバーにお金をかけにくいなんて考えても仕方がないかもしれません。

ウォーターサーバー自体の費用とは

そもそもウォーターサーバーにかかる費用にはどんなものがあるのでしょうか。
まずはサーバー代金です。購入をするケースもありますが、もうほとんど、レンタル代となっています。その費用もメーカーによって変わってきます。あるメーカーであればレンタル代も0円となっていますが、別のところだと毎月500~1500円くらいになっています。
しかし、このお金も実はウォーターサーバーのメンテナンス代が入っていたり、メンテナンス自体が不要だから0円などによって変わってきます。そのため万が一の故障時の費用も変わったりします。契約前に確認をして起きましょう。

水の代金は

水も各メーカーともにかなりこだわりを見せています。全国各地の天然水が使われていたり、純水にちかいろ過した水を使うなど、水もさまざまです。そんな水も代金までもがさまざま設定されています。1000円前後が一般的なようです。また、水の量も代金に関わってきます。たとえば、12リットルだとやはり高いですが、7リットルだと安くなるという具合です。

注文にはノルマがある

各メーカーとも、ノルマを設定しているcaseがかなり多いです。中にはノルマなしで、その都度購入できるというサービスをしているところもありますが、やはりノルマを課せられることが多くなります。しかし、もしもノルマを守れなくても、1000~1500円くらいと少ないので大きなふたんとなることはなさそうです。ノルマは、たとえは3ヶ月で6本購入をしなければならないという感じです。これも一見、厳しそうにも見えますが、結構使い初めて見ると、減るのも早かったりします。また、メーカーによっては1ヶ月ならば一旦配送を中止することも可能です。
例えば今月は注文をして、来月は中止して、再来月からは再開発という具合です。これならば、水をきちんと飲みきることも可能でしょう。
もしも、なかなか飲みきることやノルマに不安がある場合には、このような注文をしてもの大事なメーカーを選ぶようにした方が良いでしょう。もしくはその都度購入というのがオーケーなところを選ぶといいでしょう。なお、その都度購入の場合には水への費用が少なくなる代わりに、サーバーのレンタル代がかかるなど、別の料金が発生する可能性があります。内容をよく確認しておきましょう。

いくつか注文数の費用を紹介

すべてのウォーターサーバーはできませんが、いくつかのウォーターサーバーでどのくらいかかるのか紹介しておきます。
まずは、富士おいしい水です。これだとサーバーレンタルはひと月に約600円となります。ひと月のコストは2本だと約3000円、4本だと4500円となります。
アルピナウォーターだと、サーバーレンタルはひと月に約650円となります。そして水のコストは2本で約2800円、4本で4600円となります。
そして、フレシャスではサーバーレンタルが無料となります。水のコストはひと月に2本で4700円、4本で9400円となります。

メンテナンスにかかる費用は

ウォーターサーバーを使っていると、やはり機器の劣化や消耗や故障が気になります。安心して長く使うためには、ウォーターサーバーの調子が大切です。普通に考えれば、メンテナンスも必要かと思ってしまいます。そのメンテナンスも機械の調子をみてくれるものから、実は機械の掃除や清潔にすることも含まれているのです。
では、サーバーのメンテナンス代はどのくらいでしょうか。
大隊はかかるとしたら、5000円以上という感じになります。これはレンタル代をとっていない場合です。レンタル代をとっているとそこにメンテナンスに含まれていて、メンテナンス代は無料というようにもなっています。ですので、レンタル料とメンテナンス代はセットで確認しておきましょう。
また、最近ではメンテナンスは一切なしもあります。故障次に費用は調整ということでしょう。なお、ウォーターサーバーにオートクリーン機能がついているので、それによって、清潔にできるのであまりメンテナンスにも費用もかからなくなっている現状もあります。

送料にも注意

注文本数に絡むのとして、送料があります。送料がかかるところとかからないメーカーがあります。かからない方が得そうにも見えますが、実は水の代金に上乗せされていることも珍しくありません。しかし、その水が飲みたければ無料でも、のんでみると良いでしょう。

最後に

ウォーターサーバーに関する料金をみてきました。やはり水の注文数が安さを大きく左右するでしょう。それでもしっかりと水やウォーターサーバー サイズや機能を考えて飲むと満足へとIJAYでしょう。